アメリカ赴任中にゴルフを満喫。

アメリカに5年間ほど単身赴任で駐在したことがきっかけです。日本人のコミュニティではゴルフをしている人が多く、自分の健康維持のため、付き合いの為に、前任者から引き継ぎの一つとして初めて見ました。道具は会社に書いてある借りて、ゴルフシューズだけ買ってやってみました。日本と違って料金は安いし、ジーンズとTシャツで問題なく、非常に気軽にできたことものめり込んだ理由です。 スキーでも一人で上達できることにのめり込むタイプだったので、ゴルフも練習場に一人で行って練習しました。同時期に始めた人と、どっちが早く100を切るかとか、80を切るか、というちょっと競争になって、お互い意識したりしていました。アメリカゴルフ場ではの、一人でふらりと出かけて、2,3人のグループ一人だけの人を集めてスタートしたりと、非常にお手軽です。値段も安いので、毎週土日はゴルフです。夏は1日2ラウンド出来ました。 日本に帰国してもゴルフ熱は冷めていません。値段が高いのと、気が向いたときにふらりと行けるものではないので、プレーの回数が減りました。アメリカに比べて練習する環境も、ゴルフレンジ以外は限られてしまうので、なかなか自由に練習できません練習場は週1回くらいのペースですが、プレーは2か月に1回くらいです。コロナの影響もあるので我慢しています。 スクールに通うのはある程度賛成です。ネットにゴルフの動画が無数にあって、いろいろな人が色々な解説をしています。ゴルフ雑誌もたくさんありますが、どれも言葉で説明すると余計にわからなくなっているように思います。自己流だけではうまくいかないけれど、教えてもらっても自分なりに苦労して努力しないと上達しないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*